【マカオ】マカオ料理ローカル食堂Ying Fa Dim Sum Restaurant 盈發茶餐廳 無料WI-FI有り

安くて美味しいマカオ料理のお店を紹介します!

広告

はじめに

マカオと言えば、ポルトガル料理。それが、現地の中華と融合し、ローカルフードが存在します。私の行きつけの店の料理を紹介します。

その名は、盈發茶餐廳と言います。

英語名は、Ying Fa Dim Sum Restaurantです。

マカオは、全体が観光都市国家なので、観光主要ポイントや表通りの華やかな場所に、多くのレストランや食堂が有ります。ただ、そういう場所は、必ず高いです。一般の旅行客は、それが当たり前と思っているでしょう。しかし、マカオにも安くてローカルの人が通う様な食堂は存在します。そんなお店を紹介します。

場所

住所:亞美打利庇盧大馬路543 547號, Edificio Hoi Pou, 號 地下

行き方

マカオ一番の観光スポットが集まる、『民政総署』から徒歩10分圏内。『民政総署』と『セナド広場』の間の通り『亞美打利庇盧大馬路( Avenida de Almeida Ribeiro )』を中国大陸方向へ左側歩道を単純に道なりに約400m左手に有ります。

『民政総署、セナド広場、聖ドミニコ教会、大三巴牌坊、モンテの砦』を一気に徒歩で見学し、その後に昼食をいつも食べています。

営業時間

8:00~21:30  年中無休

いつでも入れる時間帯に営業しているので、お腹が空いたときは、助かります。

それと、何と”無料WI-FI”が有ります!!店内の壁にIDとが掲示されていますので、自分で設定してください。

メニュー

単品メニューは、大きく分けると麺類とパン料理。それにドリンクとプリン関係のデザート。カフェ的なメニュー。セットメニューが圧倒的に安いです。、サンドイッチ、パン料理の主役に対し、ドリンクとデザートを選ぶ。写真がそのメニューです。マカオの他のレストランと比べ、40%近く安いです。中国大陸のちょっと良い食堂の価格と一緒のプライスです。

私は、いつも2つのセットを注文。1セットじゃ足りません。それでも約80元(約1000円)です。

写真は、1セット目『+レモンティー』2セット目『骨付き肉ステーキパン+牛乳プリン』です。私の定番おススメメニューです!

麺は、3種類から選びます。インスタント麺、生麺(日本の拉麺と同じ)、乾麺(マロニエちゃん麺)です。写真は、インスタント麺。

このパンが、マカオ名物。ポルトガルの美味しいパン。パンの表面は、カリカリ。骨付きステーキを贅沢に挟んでいます。超美味です。3個ぐらい食べたいですね。この店が一番安いです。

下記の面は、先程紹介したマロニエちゃん麺です。おいしいですが、腹持ちが悪いので、生麺がいいですね。

下記写真は、セットについてくるドリンクとデザート。ドリンクもコーラやジュース、コーヒーから選びますが、種類によって、若干追加料金が発生します。デザートもプリン関係が3種類でした。たしか、マンゴー味と牛乳味、アーニン豆腐?でした。どれでも美味しいっです。

店内の状況

店員は、若い女性が多い。恐らく学生バイト?英語は、ほとんど通じません。中国語で話しかけたら人によって通じますが、広東語しか通じない子も居ます。それと、意外に不愛想です。ただ、言えば、直ぐ来てくれますし、追加の氷もくれます。

旅行者で言葉が出来ない方は、注文に戸惑るかもしれませんが、メニューは漢字で書いているので、日本人なら大体わかると思います。写真も有るので、適当に頼んでみてください。価格も安いので、恐れる必要は無いですよ。3つぐらいセットメニューを試しても良いと思います。無料WI-FIが有るので、ここで次の観光ポイントの作戦を考えても良いと思います。

それでは、皆さんの良い旅を祈ります!

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました